としおのプロフィール

アクアリウムを始めて分かったメリット・デメリットについて紹介

なんだかんだでアクアリウムを始めてから約8年が経過しれきて、色々「良かったことや」「残念なこと」「大変だったことが」が沢山ありました。

今回はメリット・デメリットに別けてこれからアクアリウムを本格的に始めよとしてる人の参考になればいいなって思いお話していきます。

スポンサーリンク

アクアリウムのメリット

アクアリウムを始めてから自分の想像していた以上に「メリット」がありました。最初の頃は「絶対にデメリットの方が多い!」と少しだけ思っていましたが今はそんなことが無いです。

話の話題やSNSで様々な人との関わりができる

僕の周りではアクアリウムをやっている人はほぼ居ません。

家の玄関で金魚を飼育してる程度の人はいるんですがその人が管理している訳でも無いければ、興味がないと・・・なんて悲しい現実なんだろうかと思いましたね。

自分の周りでアクアリウムをやっているような人が居たら、普通に会ってアクアリウムショップを回ったりできるのですが、以外にもそうでは無いです。

ですが、アクアリウムをやっているオーラだけでも出しとけば結構周りから質問されたり実際に水槽を見てみたいと言われることもちょっとありました。そこで、アクアリウムを始めてみたいから教えてとか、もっと話をしたいとかで様々な話題作りができます。友人関係以外にも仕事で様々な人とお会いするのですが、アクアリウムをやっていたりで話が盛り上がったりすることも良くあります。

SNS特にTwitterとかではアクアリウムをやってる人と関係ができることで、情報共有や悩み事につて質問したり、不要になった用品を譲り合ったりできるので良いことばっかりです。

インテリアの一部としてもなる

実際アクアリウムをリビングの一部に水槽を置いている人も多いです。僕は部屋に沢山水槽を置いているので、インテリア性は皆無です。ですが、最近は小型水槽やボトル水槽でアクアリウムを始める人も多く、簡単に始められます。

癒やしを与えてくれる

水槽を置くことで、癒やしを与えてくれます。癒やしを与えてくれる水槽は「汚れが無くて綺麗」「鑑賞魚が気持よく泳いでいる」です。汚い水槽よりも、コケ少なく綺麗な水槽であれば見ていて心も穏やかになって癒やされます。

また、小さい子供がいる環境(自宅や幼稚園とか学校)で水槽を置くだけでも興味を持ってくれます。特に熱帯魚とかだと、綺麗な魚を見て「これはなんの種類なの?」って言われて教えたりして興味を持ってくれます。


聞いた話ですが、熱帯魚の水槽を学童クラブの施設においた所今まで子どもたちがいつも駆け回ってうるさくて大変だったけど、熱帯魚の水槽を置いてからは静かになって水槽を囲むように観察をしているとの事です。

将来の役に立ったりする可能性も

将来アクアリウム関係の仕事、特にペットショップでの勤務を考えているならアクアリウムをやっていることで魚の管理とかにも生かせるかと思います。

アクアリウムのデメリット

アクアリウムのデメリットは一つしか自分の中で見当たりませんでした。

それは「維持費が高い」これだけでした。

アクアリウムの維持費よ言われると、「電気代」「水道代」「水槽用品代」がかかってきます。電気代、水道代は金魚とかであれば多くは掛かりませんが、水槽の本数が多かったり、熱帯魚飼育をしてると月数千円はかかってきます。

また。水槽用品代もそれなりにかかってきます。毎月何かしらに物を購入することが多く時に餌は2ヶ月に一回は購入しています。交換用のろ過材を購入したりとか合わせると1000円前後は必要になる場合もあります。

僕自身今毎月いくらアクアリウムにお金を払っているのか怖くて計算もしてませんがわかってる限りで、最近は一万円は使ってる気がしますね。

まとめ

アクアリウムを始めるメリット・デメリットについて話をしてみました。アクアリウムをやっていて良かったことや大変だったことは人それぞれですので、あくまでも一意見だと思ってくれるとありがたいです。

実際にアクアリウムをやってみると沼にハマって、抜け出せなくなりいつか水草水槽を始めたり、海水魚を始めたりってこともあるかもしれませんね。

ブログ
書いてる人

アクアリウムを茨城でしている人です。釣りとかも行ってるし水草水槽もやってました。現役ラブライバーです。変わり者です。

としおをフォローする
としおのブログ
タイトルとURLをコピーしました