Twitter更新中!フォローしてね!

金魚の塩浴の効果はあるの?やり方と注意点も

スポンサーリンク

金魚を飼育していると時折調子を崩してしまい、病気になってしまったり、元気が無くなってきたりすることがあります。そんな時に効果的なのが塩浴です。専門書にも書いてる程なので、効果はありますが正しいやり方や注意点を理解せずに有耶無耶に行ってしまうと大切な鑑賞魚を痛めてしまう可能性が高くなってきます。

塩浴についての正しいやり方と注意点について解説してきます。

何故、塩浴が良いの?

金魚の体内の塩分濃度は常に5%~7%に保たれています。普通の金魚・熱帯魚を飼育する際は水道水の水を使用するので塩分濃度は0%の為、金魚は体内の塩分濃度を合わせようとして体内で濃度を調節したりします。その結果、常に調節が必要になり調節器官が弱ったりすると元気がなくなったりします。

ですが、塩浴を行うことです体内の塩浴濃度と飼育水の濃度が近くなり金魚にとって楽な状態になり、、体力回復や病気の治療・殺菌をしっかり行えます。

塩浴のやり方

準備するもの

  • 食塩
  • 金魚を入れる容器

必要なものは最低でもこの2つです。熱帯魚の場合や本水槽での塩浴を行う場合は注意点があります。(後術します)

金魚が入る容器(虫かごなど)にカルキ抜きを行った水を入れて、金魚を入れてあげてください。

食塩を水容量に合わせて0.5%入れてください。1Lに対して5gの食塩を入れればOK!食塩を入れる際には一気に入れるのでなくて何度かに分けていれるのが金魚にも負担がかかりにくいのでおすすめです。


食塩は家庭用のもので構いませんが、化学調味料、アミノ酸などが含まれている食塩は使わないようにしてください。

どのくらいの期間?

塩浴をずっとやっていると金魚が慣れてしまい、もし塩浴を必要とする時に効果がなくなってしまう可能性があります。塩浴のみであれば、最長でも1周間が良いです。塩浴中は2日に一回のペースで半分程の割合で水換えを行って、足した水した分また食塩を追加して下さい。

注意点は?

塩浴をする際の注意点に関して解説してきます。

水草のある環境では禁止

水草が入っている水槽も多いと思いますが、水草が入っている水槽では塩浴は厳禁です。水草は塩分には強くないので、塩浴をする時には水草を取り除くか魚を隔離して下さい。

塩浴終了後でも塩分が残っていると、水草が上手く育たないこともあります。

としお
としお

昔はこれを知らずに悩まされた

長期間の塩浴は良くない

どうしても金魚が元気な姿に戻って欲しいから長期間行う人もいるかも知れませんが長期間の塩浴は避けたほうがいいです。長期間塩浴をしてしまうと金魚が環境に慣れてしまい、いざ塩浴が必要になった時に効果が薄れたり、なくなってしまう可能性があります。

塩分でバクテリアは居なくなる

淡水環境にいたバクテリアは塩分濃度が上がることで死滅します。その為、塩浴をしてる環境ではバクテリアが存在しないため水の汚れも早くなります。

本水槽で塩浴をする際はバクテリアが住み着いている濾過材を一度撤去することをおすすめします。

餌は控えよう

塩浴を開始してから、2.3日は餌を与えずに絶食を行いましょう。2.3日経ったら少しだけ餌を与えて、食べ残しはすぐに片付けましょう。

まとめ

塩浴は金魚が調子を崩してしまったときや、病気になったと時に初めにやることで応急処置的な意味合いにもなります。殆どの家庭の台所にある、食塩で簡単に治療ができて初心者でも行いやすいです。

白点病や尾ぐされ病の極初期段階では塩浴の効果を示す場合があります。


「体表に白い点々」白点病の治し方と原因
...
尾ぐされ病の治療方法と原因について
...
タイトルとURLをコピーしました