としおのプロフィール

金魚が餌を吐き出す、食べない理由はなんで?対処法や理由を解説

金魚を飼育していて、毎日餌を与えてると思いますが「時々金魚が餌を食べなかったり」「突然食べた餌を吐き出した」そんな時を見た事があるかと思います。

特に初心者は初めて見る時に「なんかの病気になってしまったのか」と不安になってしまったりしますが、餌を吐き出す理由、食べない理由はしっかりありますので解説してきます。

スポンサーリンク

餌を吐き出す理由は?

金魚を飼育して計10年近く経ちますが、今でも時々見ます。

餌との相性が合わない

金魚は一匹一匹餌との相性があります。今まで数多くの金魚を飼育してく中でも、餌の相性問題には悩まされました。

粒状の餌が合う金魚ドライフードが合う金魚様々です。

餌を変えたりすることで、食べてくれることもあるので金魚を飼育する時には2種の餌を購入することが良いです。

また、購入したショップによっては使用してる餌を紹介してたり、伝えてくれたりするのでその時には同じ餌を与えれば確実に食べてくれます。

粒が大きい

粒状も様々なサイズの餌があり、金魚の口のサイズ、体のサイズによって変わってきます。

餌のパッケージに「金魚のサイズで何センチから何センチまで」に適してると書いてあるので気にしてみましょう。

ドライフードの場合はすり潰して与えると、食べてくれます。

糞や汚物を食べた

底に落ちている餌を食べようとしたときに時々あるのですが、糞や汚物を間違えて食べてしまい吐き出すことが多いです。人間と同じように、食べれないモノを食べたら吐き出すのと同じで、金魚も分別がつきます。

病気・ストレス

基本的にはあまりないですが、病気やストレスが原因で吐き出すことがあります。

病気ですと、特に気にしたいのは消化不良で便秘をしており食べても消化できないから食べないことがあります。消化不良を起こしてるときのサインとして、排便をずっとしていない等があれば可能性が高いです。解決方法としては、塩浴を行い数日間絶食を行い排便を促します。
https://113toshi113.com/entry/2019/04/28/194407

ストレスは様々なところより受けます。水質の急激な変化・水温変化。外的要因。ストレスが重なり合い腸の働きを弱めてしまってる可能性があります。解決方法はストレスの原因をなくすことです

食べない理由は?

水温が低い

冬の時期は室内・室外問わずヒーターを入れていない水槽は水温が低く金魚の動きも鈍ります。動きが鈍ることで、活動量が少なくなるのでその分体力も減らずに餌を食べなくても生きていけるからです。水温が15℃以下くらいになると、活動が鈍り食欲が失せます。

解決方法はヒーターを入れて水温を上げることです。ですが、基本的には水温が低い冬の時期は餌の量を減らすことも大切です。

水質・水槽環境

水槽の水質や環境が良くないと、金魚も元気がなくなります。

解決方法は定期的な水換えと、メンテナンスを行うことです。

餌の品質

餌には賞味期限がありますが、封を開けたら極力早く使い切るようにすることが必要です。

特に赤虫などの冷凍エサや活餌は品質が物凄く大事です。

品質が良い状態の餌を与えることが大切です。

購入して間もない金魚

ショップから金魚を購入して、間もない場合はまだ水槽の環境に馴染めずにいる可能性が高いです。

まずは、水槽の環境になれることが大切ですので数日間は餌を与えずに様子を見ることおすすめです。

慣れてきても、餌を食べないようであれば餌の種類を変えてみることもいいと思います。


金魚の餌のオススメ8選の使用感と種類や与え方の注意点を解説
...
タイトルとURLをコピーしました