【ダイソー】水槽用クリーナーのレビュー

スポンサーリンク

今回はダイソーから新たに発売開始された水槽用クリーナーをレビューしていきます。2種類今回出てるので両方をレビューしてきます。

概要

今回発売されたのはマグネットタイプの「ガラスクリーナー」とスポンジタイプの「クリーナー」です。ガラスクリーナーは200円の商品です。

どちらも有名メーカーから販売されいて、各500円から1000円くらいの価格で販売されています。

過去に有名メーカーのスポンジタイプのクリーナーは使ってたのですが根元が弱く何度か使用してると壊れるのと、スポンジがメラミンスポンジなので何度が使用すると駄目になるので交換が必要でした。

開封・使用感

ガラスクリーナー

マグネットタイプのガラスクリーナーです。この手の商品は昔からありますが実際に使用してる人や、使ってるショップは見たことは無いです。自分も使ったことは無く今回が初使用になります。

開封してみました。持ち手部分が青でその他が白色とシンプルなデザインです。サイズも手のひらサイズで持ちやすいです。

右が水槽内に入るクリーナーです。素材はプラスチックで固く苔を吸着させたりはせずに擦り落とすタイプです。左が水槽その外の部分で持ち手部分にあたります。材質は布状で水槽に傷をつけ内容になってます。

使用感

今回の検証のためにいつものガラスの掃除はしてますがあえて放置していました。

設置してみました。磁石は強力な方ではあると思います。しっかりとくっついてるので、落ちることは無いと思います。

スムーズではないですがゆっくりと動かせば使えます。一回では汚れは取れず何度が擦ると取れてきますが頑固な汚れなどは取れません。

また、角なども取れないので簡易的なガラスクリーナーとしては十分かと思います。ガラスが少し汚れてるなと思ったら水槽に手を入れずに掃除できるので便利な商品ではあります。

クリーナー


全長が35cmで、幅が11cmとやや大きめのサイズです。プラスチックで出来て青色がベースになってます。

根元部分は動いたりするタイプではなく、直接繋がってますので耐久性はありそうですが少し頼りげない。

持ち手部分には穴があるのでS字フックに引っ掛けたりできるので、便利。

スポンジとスクレーパー部分は交換不可能で、スクレーパー部分はシリコン素材で柔らかい。

ガラス面に触れるスポンジ部分は固めので、頑固な汚れも取れそう。ザラザラした質感です。

使用感

力を掛けずに使用してますが普通にガラフの汚れが取れます。マグネットタイプのガラスクリーナーよりも細かい部分や角の汚れなども取れるので本格的な掃除を十分出来ます。60cm水槽で検証してますが、水に濡れたりすることも無いので汚すことなく掃除可能です。

力を掛けすぎると根元部分が折れる可能性があるので、あまり力は掛けない方がいいですね。

結構掃除しましたがスポンジはあまり汚れてません。

水槽のガラス汚れはしっかりと取れました。底砂に近いところはやりませんでしたが大まかにざっくりと掃除は出来ます。

まとめ

どちらも十分に使用でき今後の水槽掃除に役に立つグッズではあります。価格もやすく、有名メーカーとさほど変わりのない品質だと思いますのでオススメです。ダイソーで手に入るので、気になった方は近くのダイソーに行ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました