「コスパ最強」GEX発酵式水草CO2 スターターセットのレビューと使用感

スポンサーリンク

ついに出てしまいました。GEXから発酵式水草CO2 スターターセットが!GEX公式SNSなどで宣伝が繰り返しており、僕自身これは少しでも早く入手してレビューを必ずしたいと思えた商品です。

今回はGEXから販売されているので、発酵式水草CO2 スターターセットの実践に使用しての使用感を含めてレビューしていきます。

最初に言いますがこれは買うべき商品です。

商品概要

商品名発酵式水草CO2 スターターセット
メーカーGEX(ジェックス株式会社)
製造国日本
原材料糖類、増粘剤、酵母
価格2000円から3000円ほど(オープン価格)

特徴は

  • 発酵式で約1か月CO2を添加することができる水草育成セットです。
  • 水草の光合成を促進し、イキイキと育てることができます。
  • ベースパウダーをお湯で撹拌して酵母を混ぜるだけで簡単にセッティングできます。

商品パッケージより

この商品は発酵式で二酸化炭素を発生させて、水槽に添加できるものです。昔から自作で発酵式の方法を使用した二酸化炭素添加方法はありますが、自分も何度もチャレンジしてましたがどうしても上手く行かずに諦めていました。私の他にもTwitterで同じように上手く行かずに諦めてる人がとても多かったです。

ですが、近年発酵式の二酸化炭素発生キットが通販サイトで取扱が始まってきましたが国内メーカから販売されて無くてどうしても不安になる点が多かったと思います。

僕もこの一人で、レビューなどをみると韓国のアクアリウムメーカ(多分)とからしく、詳しい情報がなかったので購入には常に至りませんでした。

なので、二酸化炭素ボンベを使用して添加する方法もありますがどうしても導入コストが高くて水草水槽を始めたくてもできない人が多かったかと思いますがGEXからでたこの商品で全ては解決できます。

開封

前置きが長くなりましたが、開封をしていきます。

外箱の大きさはそこまで大きくなくて、500mlペットボトル約2本分でそこまで大きくない印象です。

  • 安心・安全 発酵タイプ
  • タップリ約1か月分
  • お湯とパウダーを混ぜて、酵母を入れるだけ

商品パッケージより

背面には使い方や注意書きが書いてあるので、保管しておくことを推奨します。

付属品

内容物は画像の通りです。奥側のペットボトルのようなモノがボトルでその右側にある白い箱が拡散器とキスゴム。手前右の白い粉がベースパウダー、左のがエアーチューブと酵母、中栓が付属しています。

今回購入したものは詰め替え用パウダーが1個付属しているモデルになるので、ベースパウダーと酵母・中栓が2つずつ付属しています。

ベースパウダーは結構な量があったので、驚きました。

このキットを購入すれば別途購入が必要なものはないので、これ一つで完結できます。

効果が薄れてきたら詰め替え用パウダーを購入すれば、何度も使用できます。詰め替え用パウダーは1000円以下で購入できるので手頃です。

各パーツの外観

ボトルの大きさは炭酸飲料の500mlのペットボトルとほぼ同じ大きさで、ボトルのほうが少しだけ太い感じですがほぼ大差は無いです。

デザイン面もシンプルかつ少しだけ高級感のあるような感じで水槽の脇に設置していてもありではないかと思います。ボトルはラベルが巻いてあるので、とってしまっても問題は無く使用できます。

エアーチューブは約1m分でよくあるエアーチューブとサイズは同じなので、汎用性は高く長さが足りなければ延長したり別のものに変えてもいいかと思います。水槽の環境によってはブラックチューブの方が目立ちにくかったりするのでお好みのものにしてください。

今回1番良かったのはこの拡散器です。この拡散器はプラスチックではなくてガラス製なので、高級感もあり水槽の手前側に設置して見えるようにしてもありかと思います。キスゴムが安っぽいのが少しだけ残念です。

拡散器のサイズは長さ約6cm、幅約3cmです。そこまで大きくは無いですが、小型水槽で使用するとやや目立つかと思います。実際に使用して、目立ちました。

使い方

実際に説明書通りに使ってみることにします。準備する際に40℃から50℃のお湯を用意してください。

まずはじめにボトルにベースパウダー一袋を入れます。画像にある漏斗は箱の中にある仕切りについており切り取って使用する事ができます。

事前に準備しておいた、40℃から50℃のお湯を300mlボトルに入れてくだいさい。ボトルのラベルに300mlのところに三角の矢印がありますので事前に300mlピッタリ分用意する必要は無いです。

キャップに中栓を入れて、キャップをしっかり締めて1分程度ベーズパウダーが溶けるまで振り続けましょう。結構激しく振った方がしっかり溶けるのでいいと思います。

4

振り終わったら、約1時間放置して経過したらキャップを開けて酵母一袋を入れて完成です。あとは、拡散器と本体をエアーチューブで繋げれば時間が経てば自然と添加が開始されます。

持続期間はどのくらい?

発酵式なので発酵が終わると自然と添加が終わってしまいます。発酵式の二酸化炭素は室温でどのくらい持つのか変わりますので以下にまとめました。

室温持続期間(目安)
15~20℃5~6週間
20~25℃4~5週間
25~30℃3~4週間
30~35℃2~3週間

室温が高いほど発酵するスピードが早くなるので、持続期間が短くなります。

うちの場合は部屋の室温が15~20℃の間なので 5~6週間は持つことになります。

どんな人におすすめ

  • 簡単に二酸化炭素を添加したい
  • 導入コストを抑えたい
  • 本格的な水草水槽ではなくあくまでも魚メイン
  • 初めて二酸化炭素添加をする

発酵式を使うメリット・デメリット

発酵式の二酸化炭素を使うメリット・デメリットをいくつか紹介します。

メリット

  • 導入コストが低い
  • 入手性が良く、設置も簡単
  • 維持費が安い

デメリット

  • エアーポンプとの同時使用はおすすめできない
  • 二酸化炭素の排出量のコントロールが難しい
  • 水草メインの水槽には向かない

デメリット際理解できてれば、十分に使用できてとてもおすすめです。

まとめ

GEXから新たに発売開始された発酵式水草CO2 スターターセットですが、価格以上にコスパが良くて各パーツの品質もよく特に拡散器は気に入りました。二酸化炭素添加の入門編として購入してもいいのではないか思う商品でした。

設置も簡単で3分程度で設置もできて、1時間だけ待てばすぐに使えるのでアクアリウム初心者でも難易度は高くないかともいます。


購入はこちらから

GEX 発酵式水草CO2 スターターセット
GEX 発酵式水草CO2 スターターセット
GEX 発酵式水草CO2セット 詰替用パウダー
GEX 発酵式水草CO2セット 詰替用パウダー

熱帯魚 観賞魚 アクアリウム用品 水草育成グッズ/ガラス容器 水草育成用品 発酵式水草CO2 スターターセット
ジェックス株式会社では熱帯魚 観賞魚 金魚等のアクアリウム用品の製造販売を行っています。水草育成グッズ/ガラス容器 水草育成用品 発酵式水草CO2 スターターセットの仕様・寸法・容量・重量などを掲載。
タイトルとURLをコピーしました