としおのプロフィール

「やっと構想したものに近づいた」新グッピー水槽を紹介します

どうも、としおです。

新年早々「コトブキ アクアリスト450」を購入して破産しそうな具合ですが、前々から考えてたグッピー水槽の移設。「テラリウム」にするか「水槽サイズアップ」の2択で今まで考えてきてテラリウム水槽にすることが濃厚でありこんな記事まで出しました。

「テラリウム水槽に使用するもの」アクアテラリウム制作記#0

ゆくゆくは本当にテラリウムにはチャレンジしたいですが、現状は難しそうですので「水槽のサイズアップ」にしました。テラリウムは金銭的な面で暫くはきつそうです。

スポンサーリンク

水槽の概要

生体:グッピー、ミナミヌマエビ、レッドラムズホーン

水草:アナカリス

水槽:コトブキ アクアリスト450

フィルター:GEX デュアルクリーン450

濾過材:スドー0.8ℓリング濾過材、GEX ウールマット

底砂:大磯砂(前水槽から流用)

ライト:ノーブランド品15Wモデル(こちら)

レイアウトに関して

この水槽のレイアウトはまだ暫定的でゆくゆくは青華石を使用して行ないます。時間をかけて変化させてこうと思ってますのでゆっくりですがTwitterで随時ツイートして報告したいと思います。

イメージも大体掴んでおり一度絵とかに書いて、忘れないようにしたいなと思います。そのイメージをベースに一度配置して、少しずつ変えたりしてこうと思ってます。

この水槽のあり方

窓際の水槽は元々はこの様な感じでした。

45cm水草水槽、30cm水槽3本、小型水草ストック水槽。そのうちのグッピー水槽は30cm水槽のうちの2本でした。窓際の水槽の統一を元々は持たせたくて、グッピー水槽をテラリウムかサイズアップのサイズアップを選んだ時には絶対に水草水槽と同じ水槽にすると決めてました。

ですが、45cm水槽を設置すると残りの30cm水槽アベニーパファー水槽が設置困難になることがわかりましたが水草ストック水槽に移して飼育を始めました。意外にもミナミヌマエビと上手くいってます。

今後のグッピー水槽のあり方としてですが実はあるDIYをこの水槽には施したいと思ってます。現在着々と必要なものを準備に入ってますので期待してください。多分ですが世の中にやってる人はいないと思うようなことです。ある意味、ひとつの問題が解決しそうな予感。

グッピーを今後はどうしたいか

うちにいるグッピーは決して高級な部類のグッピーではなくて、格安で売られてる外国産グッピーです。元々、7匹いたグッピーが何年もかけてこの匹数になってきました。一時期、実は繁殖させるのを辞めて国産グッピーの飼育を考えてましたがこの水槽にしてから改めてグッピーの綺麗さなどに気付かされて今後も外国産グッピーの繁殖にチャレンジしてこうと思ってます。今後は繁殖率を高めるのと同じ水槽内で稚魚から成魚にそのまま成長できるような環境づくりをしてきたいです。

自然に近い環境が一番熱帯魚にとってはいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました