ダイソーの水槽用温度計って使えるの?「ダイソー 水温計(クリア)のレビュー」

スポンサーリンク

どうも、としおです。

このブログでは今やレギュラーレビュー記事のダイソーのアクアリウム用品。

今回もダイソーに行ってきて、温度計を購入してきました。水槽用の温度計は各メーカーから様々な種類がラインナップされてます。

「デジタル式」「水銀タイプ」のもの。

今回レビューするのは「水銀タイプ」の温度計です。ので、価格も安く使い勝手も良い方です。ダイソーの温度計って時々水槽用品に限らず極普通にある温度計との誤差が時々あるのであんまり当てにできない事がありますので、今回はその辺も注目してレビューします。

温度計の役割とは?

一応、「温度計の役割」に関して僕自身の見解ではありますがお話してきます。

僕自身の温度計の役割りは水温の確認が主です。昔は水槽全部に水温計を設置してたのですが、最初はよく見てもあんまり見なくなってしまったので今は付けてません。

大体の方は水槽の確認する為に設置してますが他にも他のために使ってる方も居たりとかしますかね。

温度計の概要

パッケージは厚紙で出来た感じです。

パッケージのサイズは16cmくらいですかね。

商品には

・お家のアクアリウムの必需品

ピタットくっついて見やすい

とあるのでそれなりに、自信の有る商品なのかな?そう伺えます。

商品名 : 水温計(クリア)

発売元 : (株)大創産業

温度誤差 : ±1

裏側には注意書きや使用方法を記載されてます。

パッケージの開封

商品の質感はガラスで出来てるのか、100円とは思えない感じです。400円くらいしそうな。

ガラス部分は透明度はあっていいのですが、吸盤がすこし黄色み掛かってるので残念な点です。

長さは11cmと少し長めです。小型水槽では目立ちそうです。

幅は1cm程度です。この形の温度計では極普通のサイズかと思います。

吸盤のサイズは2.3cmです。少し、吸盤は大きめですがしっかり感は有りそうなので安心です。

本体の温度の表示をしてる部分は紙でか何かで出来ており、下の部分に水銀タイプの温度計を直刺ししたみたいな。品質自体は決して悪くないですかね。

設置

今回は水草ストック水槽に設置しましたが、吸盤はしっかりしてる感じが強いです。

温度計を正面に向けるのが吸盤の部分が固くて困難でした。力任せで行なったら、吸盤を駄目にしそうです。

温度計は正しいのか?

ダイソーの温度計の正確性を試したいと思います。

今回は2種類。3つの温度計を用意しました。

・日動のデジタル温度計

・ADA 温度計

・ダイソーの温度計

ちなみにこの中で一番高いのは、ADAの温度計。

「NAサーモメーターJ 1」

https://www.adana.co.jp/jp/contents/products/na_tank/detail08.html

この3つを使用して、検証します。水槽内にはテトラの26℃固定ヒーターが入ってますので水温は26℃前後を予想します。

同条件にするためになるべく計測する位置を同じに。入れて、5分待ちました。

ダイソーの温度計は26℃

デジタル温度計も26℃

ADAの温度計は26℃

と全て同じ結果になりました。

大抵の温度計は±0.5℃~1℃あるので正確性は高いかと思います。

まとめ

実際に普段使いでのしようも問題ないかと思いますが、吸盤タイプなので吸盤の劣化により長期間の使用は難しそうです。

デザイン面を気にするなら、ADA NAサーモメーターJをオススメしますが実用上問題ないので10分の1で購入できるダイソーのほうがコスパいいいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました