濃厚PSBレポート #15

スポンサーリンク

お待たせしました。としおです(Twitter)

濃厚PSBレポート #15になります。

諸般の事情で、長期的に濃厚PSBことPGGの添加を急死していましたが本日から再開します。

詳しくはこちら:濃厚PSB レポートに関してのお知らせ

とくに以前と環境は変わってなく、定期的なコケ取りのみで濾過槽内はほぼ手を加えてない状態になります。

前回のレポート:濃厚PSBレポート #14

前回のレポートが10月8日の投稿日になってるので、12日間レポートを休止してましたね。その間に水換えを2度行なってるのでほぼほぼPSBの添加した効果は現れてない形にはなってます。

画像はないですが、添加してた間よりも濾過槽の汚れやコケがでてくるスピードなどは早くなりました。

添加しないよりは添加した方が良いとう結果には至ってます。

水槽の状態

水槽の状態は極めて普通ですが、底砂の汚れが結構溜まってきてるので、病原体の温存となると危険な為今後リセット作業を考えてます。

数日前に茶ゴケと水換えを行ったばっかりのため、ほとんど汚れはないです。石は除きますが。

濾過槽の状態

濾過槽の状態は前述の通り、ほぼ手を加えてない状態になります。

添加時よりも濾過材の目ずまりが気になるところではあります。

目ずまりしてるので組み上げられた水が「すーと」通りません。

ハードマットの寿命の可能性は否定出来ませんが一度すすいで汚れを取ってみようと思います。

12日前の濾過槽はこちらです。

生体の状態

さほど変化は見られませんが、1匹浮袋がおかしくなってしまったのか転覆病の傾向が見られますので隔離して絶食とヒーターによる加温を行い治療を検討してます。

また、良い機会と捉えていいのか分かりませんが転覆病に効く薬を先日ペットショップで発見しましたので検証も行いたいと思います。

この生体は今後更に悪化する可能性は否定出来ないです。

冬になるので、水温も低下して餌を食べる量が減ることも見込まれるので餌の種類を変えとくに小平観賞魚センターさんの店員の方よりアドバイス頂きましたが「冬の時期はタンパク質が強いものは与えない方が良い。消化不良になる確率が高くなる」とお聞きしたのでタンパク質がが高いものに一時的に変更したいと思います。

稚魚達もその点は気をつけたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました