ダイソーのバクテリア活性剤は使ってません

どうも、AdSense広告を非表示にしたとしおです。

WordPressに移行する前、ブログの始めたての頃に書いた【アクアリウム】ダイソーのバクテリア剤の続編になります。


「ダイソーのバクテリア活性剤は使ってません」

という事で、使ってません。

そもそも、使う理由が見当たらないからです。何故、見当たらないのかについてお話してきます。

バクテリア活性剤を入れる時がない

第一の理由にもなる「バクテリア活性剤を入れる時がない」からです。

水槽立ち上げ時にはバクテリアは存在せず、バクテリアが入った添加剤を入れたり、飼育水を入れたり、自然にできるのを待つのが一般的です。

その為、立ち上げ時に入れても特にいいこともないと思っています。バクテリア剤を同時に添加すれば話が変わるかもしれませんが。

結局、ある程度水が出来上がってる場合は入れる必要も無いですし尚更ろ過装置内にバクテリアが住み着いており特にバクテリアが急激に減少した等なら入れて活性化を図るのもありですが通常飼育ではそのようなことは無いですから。

本当に効果あるのかわからない

昔レビュー時に添加はしましたが、その水槽がその後崩壊したなどと無く安全性はあることはわかりましたが、作っているのはアクアリウムメーカーでは無いです。どこの会社が製造してるかすら分かりません。唯一わかる情報はmade in koreaとあるので韓国での製造という事です。

成分も塩化ナトリウム、水、チオ硫酸アンモニウムの3種が入ってるだけです。

理科が得意な人出ないので、チオ硫酸アンモニウムは何かわかりません。

いくつかのバクテリアはチオ硫酸塩を代謝することができる[2]。

引用元:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/チオ硫酸塩

とWikipediaにあるので、バクテリアには効果はあるかと思いますがね。

入れても何も無かったので、正直不必要なものかと思います。

一部の人はバクテリア剤不要説を唱えてますから。


まとめ

上記の2点が使う理由が見当たらない理由です。

個人的にバクテリア剤は使用しない人間なので、あんまり興味は無いです。

ただ、100円という価格に目を引かれたからです。

いまでも、ダイソーで販売してますが発売直後みたいに掲示板やTwitterなどで見かけることはなくなった気がします。


Twitter

https://twitter.com/toshio_aquarium

スポンサーリンク