ハードマットを使う理由

どうも、としおです。

ウールマット使うのやめて、ハードマット使ってる。

実は上部フィルターのウールマットの部分は全てハードマットを使用してます。

何故、ウールマットを辞めてハードマットを選んだのかにはいくつか理由があります。

コスパが1番良い

第一にコスパが1番良いです。ハードマットは長期間使用が可能かつウールマットみたいにグニョグニョにはなりません。

半年以上使用したハードですら、まだまだ使える状態でした。

長期間使えることでその間に何度も変えていた、ウールマットが変える費用がなく洗って使いまわしてある程度たったら交換です。

ウールマットは消して高くはないですが、最終的には捨てるものでありなんか勿体ないきがします。

交換頻度が少ない

ウールマットですと、1週間から1ヶ月程度にしか持ちません。1ヶ月使用してるあいだに何度か洗ってると形が悪くなりますよね。

ですが、ハードマットは半年交換が目安になってます。半年以上使用したハードマットですら、型崩れも起こさず全然使える状態でした。

半年の間には何度洗っても使い直すことがで、今までかかってたウールマット代の節約にも繋がりました。

ウールマットと同等のレベル

使用感としてですが、ウールマットとほとんど濾過能力は変わってません。

ひとつ言うからソイルの入った水槽でソイルが舞い上がった際に出る小さな土をキャッチするのが苦手かという点ですが気にならない程度です。

その時は一時的にウールマットを使用するなど、工夫すればOK!

目が荒いため、逃がしやすいです。ですが、魚の糞や水草など大きい物理的なものはガッツリキャッチします。

ソイルの入った水槽で使うの支障があるだけで、金魚の水槽などの使用には適してると思います。

まとめ

  • 長期間の使用が可能
  • ウールマットと同等の性能
  • ハードマットは400円程度でホームセンターで3枚入であります。ひとつの水槽に1枚使い半年交換で一年半も持ちます。
  • その間に何度もウールマットを買い直す必要がなく、環境にもよく、お配布にも優しいです。

  • スポンサーリンク